ホーム > 役立つ知識と情報> BGMがフリーで手に入るサイトを紹介!動画制作に便利

BGMがフリーで手に入るサイトを紹介!動画制作に便利

2022-04-27 / Ryo

YouTubeの動画制作やプライベートでの動作編集の時、テレビや映画のようにBGMがあればもっと良くなるのにと思うことは多いです。とはいうものの商業利用の動画の場合著作権の関係で誰かが作った曲を勝手に使うことはできませんし、自分で作曲するのは大変なので諦めている方もいるかもしれません。

でも実は自由に使えるBGMを提供してくれているサイトがあり、簡単にダウンロードして色々な用途に活用可能です。ここではBGMをフリーで手に入れられるサイトをまとめてたっぷり紹介していきます。

フリーのBGMとは

フリーのBGMとはだれでも自由に使うことが許可された、原則無料のBGMのことです。通常YouTubeなどにアップする動画にBGMを入れたい場合は作曲者に許可を取ったり使用料を支払ったりする必要がありますが、最近ではプライベートや商用問わず自由に使える曲を提供してくれるサイトが増えてきました。ブログに使える画像をフリーで提供してくれるサイトは有名ですが、そのBGM版だと考えてください。

フリーのBGMを提供してくれているサイトには個人で運営しているものと、多数の作曲から集めた曲を集めたプラットフォームになっているものがあります。動画サイトにあげる動画を作成する時や結婚式や七五三のホームビデオを作成する時にとても便利です。

BGMがフリーで手に入るサイト利用の注意点

BGMがフリーで手に入るサイトはたくさんありますが、利用する際にいくつか注意したいことがあります。よく確認しないまま使ってしまうとトラブルに発展する可能性があるため、十分注意してください。

商業利用が許可されているかどうか確認

BGMをフリーで提供しているサイトの中には商業利用が認められておらず、プライべー目的だけで使用を許可しているとサイトもあります。またサイト全体としては商業利用を許可していても、いくつかの曲は例外で商業利用が禁止されていることもあるでしょう。

商業利用が許可されていない曲を使った動画を広告が出る動画サイトにあげるのは著作権法違反です。動画サイトにあげる動画を作るのが目的でBGMを探している場合は、サイトのトップページか利用規約を確認し『商業利用できます』という言葉があるか確認するようにしてください。

著作権表示が必要なことがある

また商業利用できるサイトにも著作権表示が必要なサイトと表示なしで完全に自由に使えるサイトがあります。著作権表示の仕方がわからない、面倒だと感じるなら著作権表示なしでもいいと明示しているサイトのBGMを使うようにしてください。

著作権表示が必要かどうかはサイトの利用規約の中に記載されています。完全に自由に使えるサイトにも任意での表示がお願いされていることがあるので、その場合はできるだけクレジットを表記する方がいいでしょう。

著作権がフリーなわけではない

自由に使えるBGMイコール著作権が放棄されたBGMではありません。ほとんどのサイトで曲は自由に使えても著作権は作曲者が持つと明記されています。許可を取らずに動画制作やイベントなどで使うことができますが、その曲を自分が作ったものとして再配布したりアレンジして発表したりすることは禁止されているので注意してください。

商業利用可能なBGMがフリーで手に入るサイト

ここからはBGMがフリーで手に入るサイトを紹介していきますが、まずは商業利用できさらに著作権表示もいらないサイトから見ていきましょう。現時点(2021年11月)では著作権表示はいらないとされていますが利用規約は変わることも多いためご利用の際には必ず利用規約を確認しなおすようにしてください

フリーBGM DOVA-SYNDROMEh

公式サイト:https://dova-s.jp/

フリーBGM DOVA-SYNDROMEh

フリーBGM DOVA-SYNDROMEはたくさんの作曲家が作ったフリーBGMやジングルさらに効果音などをMP3形式で提供しているサイトで、1万曲以上の曲が掲載されています。メロディだけの音源はもちろん歌付きの曲もある他、楽器や曲調からBGMを探せるなど検索機能が充実していて使いやすいです。

商業利用可能で原則著作権表記は必要ありませんが、ニコニコ動画で使う場合に親作品登録への協力が呼びかけられている曲があるため注意してください。

音楽の卵

公式サイト:http://ontama-m.com/

音楽の卵

音楽の卵もフリーのBGMを手に入れられるできるサイトですが、ゲームに合うBGMが沢山揃っているのが特徴です。オリジナルだけで500曲以上あり、全てMP3でダウンロードできるようになっています。

サイト上部にあるメニューの『おんがく』をクリックすると曲のイメージからBGMを検索できるページに移動するので、そこから目当ての曲を探してください。著作権表記は一切必要ないとされています

VSQ plus+

公式サイト:https://vsq.co.jp/plus/

vsqplus

VSQ plus+はプロが作ったBGMや効果音をダウンロードできるサイトです。BGM用の音楽はもちろん動物の鳴き声や自然の音源など、動画制作に行かせそうな音源が多数揃っています。プロの音源ではあるものの全て無料で利用可能で、著作権表記も必要ありません。

BGMを探しているならトップページのメニューから『音楽』を選択すると曲の一覧が表示され、試聴もできます。気に入った曲があればダウンロードのアイコンをクリックすると自動でダウンロードが始まります。

MusicMaterial

公式サイト:http://musicmaterial.jpn.org/

MusicMaterial

MusicMaterialはサイト管理人の涼(りょう)さんによるオリジナルBGMをダウンロードできるサイトです。BGM素材はポップスやヒーリングそれにオーケストラやロックなど6つのカテゴリーから好みの曲を探せるほか、ループ素材やジングル素材もあります。

サイトトップページのサイドメニューからBGM素材を選択し、気になるジャンルの詳細からダウンロードする曲を選んでください。曲を視聴できるバーの下の『MP3 Download』をクリックするとダウンロードが始まります。

騒音のない世界

公式サイト:https://noiselessworld.net/

騒音のない世界

騒音のない世界は管理人の方による同名の一人バンドが作成した無料BGMが提供されているサイトで、音楽配信システムの有料配信や楽曲の販売もされています。BGMの曲調はバンド系や打ち込み系それにオルゴール系などです。

トップページの『楽曲ページを見る』の文字をクリックすると次のページのトップに販売や配信されている曲のの詳細が表示されますが、ページを下までスクロールすると無料曲の一覧が現れます。各曲のダウンロードアイコンからダウンロードできる他、SoundCloudからダウンロードすることも可能です。

SHW

公式サイト:http://shw.in/

SHW

SHWも管理人の方が作った曲をフリーのBGM素材として提供してくれているサイトです。和楽器を用いたBGMが多数提供されているのが特徴で、和楽器とドラムやオーケストラを組み合わせた曲があったりとバリエーションが豊かです。

トップメニュー右側のメニューの中の『作品集(フリー音楽素材)』をクリックすると提供曲一覧が表示されます。曲名をクリックすると試聴ページに飛ぶので、標示されるバーの右端にある縦に並ぶ3つの点をクリックし、ダウウンロードを選択しましょう。

PeriTune

公式サイト:https://peritune.com/

PeriTune

PeriTuneは管理人の醒さんが個人製作したBGMをフリーで提供しているサイトで、一部の曲はMP3だけでなくOGGやM4Aにも対応しています。動画制作だけでなくゲーム向きのBGMも多く、1曲ずつでダウンロードする他圧縮ファイルでの一括ダウンロードも可能です。

メニューの『フリーBGM一覧表』か『無料フリーBGM素材』から好きな楽曲をダウンロードしてください。著作権表記は強制ではなく今のところ任意ですが、可能であれば著作権表記をしたうえで使うようにしたいです。

甘茶の音楽工房

公式サイト:https://amachamusic.chagasi.com/

甘茶の音楽工房

甘茶の音楽工房も管理人の甘茶さんによるフリーのBGMが提供されれているサイトですが、オーケストラやジャズそれにポップやテクノなど17以上のカテゴリに分かれて計500曲以上と曲のバリエーションがとにかく豊富です。別館の『ノスタルジア』にはクラシックやアコースティック調の曲が集められているのでこちらも注目してください。

使い方もサイトのサイドメニューから気になる曲の雰囲気やジャンルを選択し、各BGMの『ダウンロード』をクリックするだけととてもわかりやすいです。著作権表記は今のところ任意になっていますが、できれば表記してほしいとなっているため利用する時には配慮するようにしましょう。

商業利用に条件があるBGMがフリーで手に入るサイト

ここからは商業利用に著作権表記が必要など条件が付けられているフリーBGMのサイトを紹介していきます。動画サイトにアップするなど収益がからむ場合は特に注意して利用するようにしてください。

MusMus

公式サイト:https://musmus.main.jp/

MusMus

MusMusは原則無料で沢山のBGMや効果音をダウンロードできるサイトで、ラジオや動画それにゲーム向きの曲を中心に掲載されています。サイト上部の『音楽(BGM)素材』をクリックすると曲の雰囲気や楽器などからBGMを検索できるようになっていて、曲一覧のダウンロードアイコンをクリックするだけで簡単にダウンロードできます。

MusMusのBGMは商業使用はできますが著作権表示が必要で、著作権表示ができない場合は有料で対応してもらうことになるので気をつけましょう。

Music-Note.jp

公式サイト:https://www.music-note.jp/

Music-Note.jp

Music-Note.jpはゲームや動画で使えるBGMや効果音をフリーで数多く提供しているサイトで、アプリの制作などに利用された実績もあります。ボーカル入り曲や近未来系それにファンタジー系など魅力的珍しいジャンルの曲も揃っています。

無料で商業利用できますがYouTubeの動画で使う際は著作権表記が必要です。またイベントなどで著作権表記なしで使う場合は使用料を支払うか、サイトのYouTubeチャンネルに登録する必要があるので気を付けてください。

魔王魂

公式サイト:https://maou.audio/

魔王魂

魔王魂はプロの作曲家である森田交一さんがフリーのBGMを公開しているサイトで、ネオロックから民族音楽まで幅広いジャンルの曲が多数提供されています。サイト上部メニューの『フリー音楽』からBGMを選択するとジャンルや曲が表示されるので、それぞれの曲のページから視聴やダウンロードを行ってください。

商業利用も含て加工ができる等自由に使うことが許可されていますが、著作権表記が必要です。イベントのバックで流す等著作権表記できない場合は別ですが、動画やゲームなどに使用する場合は必ず著作権表記するようにしてください。

OtoLogic

公式サイト:https://otologic.jp/

OtoLogic

OtoLogicもプロのサウンドクリエーターが作ったBGMを多数そろえたサイトで、ポップスやボサノバそれにジャズやソウルなど様々なジャンルの曲を見つけることができます。サイトのサイドメニューから好きなジャンルを選ぶとそのジャンルの曲が一覧で出てくるので、『MP3』ボタンからダウンロードしてください。

この際とのルールは著作権表記をすれば無料で使えるというシンプルなものです。著作権表記なしで利用したい場合は有料になるので気を付けてください。

まとめ

フリーで提供されているBGMを使えばより本格的な動画やゲームを作成することができます。BGMがフリーでダウンロードできるサイトはたくさんあるので、ぜひ一度利用してみてください。

ただここで紹介したようにサイトによってはフリーで使えても著作権表記が義務付けられていることが多いでく、その場合はクレジットなしだと著作権法違反になります。サイトを利用する前に必ず利用規約を確認し、そこで定められているルールにのっとって利用するようにしてください。