ホーム > メディア取り扱い > BurnAware FreeでDVD/Blu-rayを書き込む方法
DVDFab 動画変換 Pro
DVDFab 動画変換 Pro
動画を任意の形式に変換し、クリエイティブな動画を作成し、自由に動画を編集します。
StreamFab オールインワン
StreamFab オールインワン
1000+のサイトから映画やアニメを無制限にダウンロードできます!
PlayerFab オールインワン
PlayerFab オールインワン
ローカルビデオ、DVD/Blu-ray/UHDディスク、ストリーミング動画を再生できる

BurnAware FreeでDVD/Blu-rayを書き込む方法

2022-07-07 / Ryo

今回の記事では、DVD/Blu-rayのリッピング・ライティング機能を備えたフリーソフト、「BurnAware Free」の特徴と使い方を詳しく解説いたします。またBurnAware には有料版もあるため、無料版と有料版の違いや機能面のメリット・デメリットも解説していきましょう。代替となるフリーソフトもご紹介します。

1. BurnAware Freeとは

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション, Teams

自動的に生成された説明

BurnAware Freeは、BurnAware社が開発しているライティングソフトです。無料ながら CD/DVD/Blu-rayのディスクメディアに対応しています。またISOイメージファイルの作成にも対応しているため、簡易的なリッピングソフトとして利用も可能です。

BurnAwareにはFree版以外に、サブスクリプションの有料版も用意されております。使い勝手が機能面で有料版を使うという手もあります。今回はFree版を中心にご紹介していきましょう。

1.1 BurnAware Freeの機能と概要

  • 公式サイト
  • 対応OS:Windows7(32bit/64bit)以降Windows11対応
  • 対応言語:日本語対応
  • CPU:Pentium 600MHz以上
  • RAM:128MB以上
  • HDD:20MB以上の空き容量
  • その他:CDドライブ以上のドライブ(DVDドライブ以上推奨)
  • CD、DVD、Blu-rayディスクへの書き込み(データ、ISOイメージファイル)
  • オーディオCD、MP3ディスク、DVDビデオ、BDMV / AVCHDを作成
  • DVD/Blu-rayディスクからISOイメージファイルの作成
  • CDからBINファイルの作成
  • 複数のディスクメディアに同時書き込み可能(複数ドライブ必要)

● ポイント

BurnAware Freeは32bit 専用となるので、64bitアプリしか起動できない環境では起動できません。64bit版を利用する場合は、有料版を購入しましょう。

1.2 BurnAware Freeと有料版の違い

● BurnAware Premium 年間19.95ドル(約2,300円)※BurnAware Freeの機能に加えて以下の機能が追加

  • 64bit起動に対応
  • ISOイメージファイルからファイル抽出
  • ディスクメディアから直接ディスクにライティング(コピーガード解除機能はない)
  • オーディオCDからトラック単体で抽出
  • 読み取りできないディスクからファイル回復

● BurnAware Professional 年間39.95ドル(約4,550円)※BurnAware Premiumの機能に加えて以下の機能が追加

  • ISOイメージファイルを複数のドライブに同時書き込み(複数のドライブが必要)
  • 商業目的での使用に対応

● 有料版のポイント

BurnAware Premiumはディスクから直接コピーや、読み取りできないディスクの解析はできます。またファイル回復など、堅実的な機能がプラスされるのです。BurnAware は商業用途で使われているソフトなので、ライティングやディスク解析に実績があります。

BurnAware Professionalは商業用途の機能が豊富ですが、一般用途では必要ない機能が多いものです。利用する機会は少ないでしょう。

2. BurnAware Freeのインストールと使い方

それではBurnAware Freeを公式サイトからインストールしてみましょう。

1.公式サイトにアクセスして、BurnAware Freeの「Downlord」をクリックして、インストーラーをダウンロードします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション, Web サイト

自動的に生成された説明

https://www.burnaware.com/download.html

2.ダウンロードが完了したらインストーラーを起動させ、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「はい」をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション

自動的に生成された説明

https://eizone.info/burnaware-free/

3.インストーラーを起動したら「日本語」を選択して、「OK」をクリックしましょう。

テキスト

低い精度で自動的に生成された説明
https://eizone.info/burnaware-free/

  1. BurnAware Freeのセットアップウィザードが起動したら「次へ」をクリックします。
  2. 使用許諾契約書の同意画面では「同意する」を選択して、「次へ」をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, メール

自動的に生成された説明

6. WinX DVD Ripper Platinumのインストールを進めてきますが、必要ない場合はチェックを外してください。※後ほどこちらの製品をご紹介しますので、気になる方はインストールしておきましょう。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, メール

自動的に生成された説明

7.インストール先の指定ウィンドウが表示されますので、インストール先を指定して「次へ」をクリックします。基本的にデフォルトで問題ありません。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション

自動的に生成された説明

8.スタートメニュー設定はデフォルトのままで「次へ」をクリックします。

9.デスクトップアイコンを作成する場合はチェックを入れて「次へ」をクリックします。

10.特に問題なければ、そのまま「インストール」をクリックしてインストールを開始しましょう。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション

自動的に生成された説明

11.インストールが完了したら「完了」をクリックして、BurnAware Freeを起動します。

3. BurnAware Freeの使い方

3.1 書き込み方法

1. BurnAware Freeを起動して、「ISO書き込み」をクリックします。※データDVD/Blu-rayを作成する場合は「データディスク」をクリックしましょう。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション, Teams

自動的に生成された説明https://dvdfab.co.jp/resource/dvd/how-to-use-burnawarefree-to-burn-dvd

2.書き込み画面が表示されたら、画面下の「ディスク上サイズ目安」のところからコピーするディスクを選択します。

3.ISOイメージファイルを1の部分にドラッグ&ドロップするか、画面上の「追加」ボタンをクリックしてISOファイルを指定しましょう。

4.ファイルが追加されたらドライブにブランクDVDを追加して、画面右上の「書き込み」をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション, テーブル

自動的に生成された説明
https://dvdfab.co.jp/resource/dvd/how-to-use-burnawarefree-to-burn-dvd

5.書き込みが開始されると、以下のようなウィンドウが表示されるので、ディスクの進行状況が100%になるまで待ちます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, メール

自動的に生成された説明
https://eizone.info/burnaware-free/

6.書き込みが完了したら、DVD/Blu-rayプレイヤーで再生できるかチェックしましょう。

● ポイント

書き込みを行う場合は、書き込み速度とブランクDVD書き込み速度を合わせておくとエラー率が下がります。

3.2 ISOイメージファイルの書き込み設定

メニューの「オプション」を開くことで、書き込み設定を変更できます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション

自動的に生成された説明https://eizone.info/burnaware-free/

●「書き込み」タブを選ぶことで、書き込み設定を変更可能です。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, テキスト, アプリケーション, Word

自動的に生成された説明https://eizone.info/burnaware-free/

● 各種設定項目

  • 最低速度を使用する:書き込み速度を遅くすることでエラー率を大きく下げる
  • ディスクのファイナライズ:ディスクへの書き込みを禁止する機能、DVDプレイヤーでの再生率を高められる
  • 書き込み後にディスク上のデータをチェックする:ディスクデータを正しく読みだせるチェックを行う

4. BurnAware Freeが使えない場合の代替ソフト

ライティングに関してはBurnAware Freeで十分です。しかしISO・MP4などのリッピング機能を利用したい場合は、別途ソフトを用意する必要があります。今回はインストール時に進められていた「WinX DVD Ripper Platinum」を、ご紹介しましょう。

4.1 WinX DVD Ripper Platinum

コンピューターのスクリーンショット

自動的に生成された説明

https://www.winxdvd.com/dvd-ripper-platinum/index-jp.htm

WinX DVD Ripper Platinumは、DVDのリッピングのみに対応した有料ソフトです。しかし最新のコピーガード解除に対応しており、iPhoneやスマホ用のプロファイルを使えば、ほぼワンタッチでリッピングが可能となっています。初心者でも簡単に利用できるでしょう。無料版では5分間のリッピングが可能なので、一度無料で試してみるとよいかもしれません。

  • 公式サイト
  • 対応OS:Windows7(32bit/64bit)以降Windows10対応
  • 対応言語:日本語

4.2  DVDFab DVDリッピング

WinX DVD Ripper Platinumは、市販・レンタルDVDのコピーガード解除に対応しています。しかしDVDのコピー・リッピングは「違法行為」となってしまう可能性があるので、注意が必要です。

DVDFab DVDリッピングは、もう一つの対策ソフトです。

機能性ではWinX DVD Ripper Platinumより優秀で、ほぼ市場のすべてのコピーガードに対応します。もっとも魅力的な点は、起動速度が素早い、動きも軽くて、WinX DVD Ripper Platinumの重さに比べとずいぶん素晴らしいでしょう!しかも、30日間の完全無料体験もあります。

5. BurnAware Freeの使い方まとめ

今回の記事では、BurnAware Freeの特徴と使い方、代替えソフトについてご紹介いたしました。今回の記事をまとめると以下の通りとなります。

  • 基本的なリッピング、ライティング機能はBurnAware Freeで十分
  • BurnAware Freeは、他のライティングソフトよりも正確なライティングが可能
  • WinX DVD Ripper Platinumを使うことでBurnAware Freeの欠点を補える

BurnAware Freeは無料で永続的に利用できます。ディスクメディアのライティングする可能性があるなら、インストールしておくだけでもよいかもしれません。なおコピーガード解除や市販DVDのコピーなどは、違法行為になる可能性があるため注意しておきましょう。

    コメント
    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
    送信