ホーム > メディア取り扱い> 動画(ストリーミング・DVD/ブルーレイ)のDRMを解除できるフリーソフト

動画(ストリーミング・DVD/ブルーレイ)のDRMを解除できるフリーソフト

2022-04-27 / Ryo

動画コンテンツをダウンロードしたいと思っても、DRM(デジタルコンテンツ著作権保護技術)によて、基本的にはダウンロードすることができません。しかし、DVDやブルーレイをはじめ、動画配信サイトには、「そこでしか見れない動画」なども多数あり、PCやさまざまなデバイスで視聴することが出来たらいいですよね。そこで、今回の記事では、複合的に動画のDRMを解除できるフリーソフトをご紹介したいと思います。

動画のDRM解除フリーソフトを利用する前に知っておくこと

動画のDRM解除フリーソフトを利用する前に知っておくこと

フリーのDRM解除ソフトを利用する前に、知っておくべきこと、注意すべきことがいくつかあります。

動画のDRMを解除できるフリーソフトは限られる(実用性)

「DRMを解除できるソフト」として紹介されているフリーソフトが多数ありますが、その多くが「一部の動画にしか使えない」または「すでに使えない」という状況のものが多く、実用性の高いものがあまりありません

また、有料ソフトのフリー版なども公開されていますが、ほとんどは「期間限定」の機能であり、長く使えるものではありません。以下の点を踏まえて、フリーソフトを利用してください。どんな動画でも「確実なDRM解除」を望んでいる場合は、有料ソフトを検討してください。

DRM解除は「違法行為」になる可能性がある

2012年のデジタルコンテンツに関わる法改正によって、DVDのDRMを解除してコピーする行為は「違法」となりました。これまでは「私用目的」であれば問題ないとされていましたが、現在ではDRMを解除して、他の媒体にコピーした時点で「違法」となります。また、動画視聴サイトからDRMを解除してダウンロードする行為も、場合によっては違法となる可能性があるため、フリーソフトの使用をお考えの方はご注意ください

ここで紹介するDRM解除ツールを利用することは「自己責任」でお願いします。※DRM解除ツールをインストール、保持することは問題ありません。

フリーソフトを併用することで、DRMを解除できることもある

フリーソフトによってはDRMの解除以外の機能がなかったり、一部のDRM解除のみ対応ということがよくあります。こうした場合、他のソフトを併用することで、任意の形式に保存したり、解除できないDRMを解除することができることがあるため、フリーソフトを併用するのはお勧めです。

DRM解除で違法となる例とならない例

DRM解除で違法となる例とならない例

ここでは、実際に違法となる例とならない例をいくつかご紹介します。

違法になる例

  • 市販DVD/ブルーレイなどのコピーガードを解除してHDDやディスク等に保存する行為
  • レンタルDVD/ブルーレイのコピーガードを解除してHDDやディスク等に保存する行為

違反とならない例

  • 市販、レンタルDVDのコピーガードを解除して再生するだけの行為
  • 自作DVD/ブルーレイのコピー

違反にならない例のポイントは「DRMを解除するだけ」の行為であるということです。ここに他の媒体に記録する行為が含まれると、違法となります。ただしDRMを解除するだけという状況は基本的に考えにくく、「事実上リッピング行為は違法」と考えておいた方が良いかもしれません

動画のDRMを解除できるフリーソフト(DVD/ブルーレイ)

まずは市販DVDやブルーレイのDRMを解除できるフリーソフトをご紹介していきたいと思います。

DVDFab DVDリッピング(Windows・Mac)

DVD Fab DVDリッピング(Windows・Mac)

DVDFab社が販売しているDVDリッピングソフトで、CSS、リージョンコード、RCE、UOPs、APS、RC、DADC、Disney's Fakeといったコピーガードを解除できます。また、常にアップデートによって、常に最新のコピーガードに対応しているため、解除できないDVDは存在しないと言えるほど強力なDRM解除ツールです。30日間は有料版と同じ機能を利用できるため、1ヶ月以内であれば、無料でDRMを解除することが可能です。(30日以降は大幅な機能制限あり)

DVD Fab DVDリッピング(Windows・Mac)

「DVDFab DVD リッピング」の特徴

  • 有料ツールではあるものの、30日間は無料で使い放題
  • ほぼ全てのコピーガードを解除可能(DVD)
  • ハードウェアアクセラレーションによる高速エンコード
  • 1,000以上の動画、音声フォーマットに対応
  • 動画編集機能(クロップ、トリミング、外部字幕、結合、色補正など)
  • リッピング時、無劣化でFHDアップスケーリングを行う
  • 定期的にセールがあるため、格安で購入できる可能性がある(半額以下)

公式サイト:https://ja.dvdfab.cn/dvd-ripper.htm

DVDFab ブルーレイリッピング(Windows・Mac)

DVDFab ブルーレイリッピング(Windows・Mac)

DVDリッピングのBlu-rayバージョンで、Blu-rayディスクの、AACS、BD +、BD-Jといったコピーガードを全て解除することが可能です。また、アップデートによって最新のコピーガードに対応しているため、Blu-rayリッピングではトップレベルのソフトといっても良いでしょう。DVDリッピングと同様に30日間であれば、無料で全ての機能を使うことが可能です。

DVDFab ブルーレイリッピング(Windows・Mac)

「DVDFab Blu-rayリッピング」の特徴

  • 有料ツールではあるものの、30日間は無料で使い放題
  • ほぼ全てのコピーガードを解除可能(Blu-ray)
  • ハードウェアアクセラレーションによる高速エンコード
  • 1,000以上の動画、音声フォーマットに対応
  • 動画編集機能(クロップ、トリミング、外部字幕、結合、色補正など)
  • ホームシアター向けのビデオ、オーディオ出力を選択可能(ロスレス品質)
  • モバイル向けの小さいファイルに変換可能

公式サイト:https://ja.dvdfab.cn/blu-ray-ripper.htm

DVD Shrink3.2(Windows)

DVD Shrink3.2(Windows)

10年前までは「最強」と言われていたDVDリッピングソフトですが、現在は開発が止まっているため、解除できないコピーガードが多くなってしまい、使い勝手が悪くなっています。しかし、開発が止まる以前のDVDであれば利用できるため、今でも一定の利用者がいます。また、DVD Shrinkには、2層ディスクを一層ディスクに圧縮する機能もあるため、DVD容量を節約したい人にもお勧めです。

「DVD Shrink」の特徴

  • 10年前のDVDであればほとんどDRM解除できる(一部不可)
  • 2層ディスクを一層分のISOファイルに変換することが可能
  • Windows XP時代からあるソフトのため、動作は非常に軽い
  • DVDの丸ごとコピー、メインムービーだけの抽出、字幕の選択可能
  • 詳細な分析によって、圧縮時の画質劣化を最小限におさえる

ダウンロード先:https://dvd-shrink.jp.uptodown.com/windows/download

【番外編】WinX DVD Ripper(Windows)・MacX DVD Ripper(Mac)

【番外編】WinX DVD Ripper(Windows)・MacX DVD Ripper(Mac)

「DVD Ripperシリーズ」は、ほぼ全てのコピーガードを解除することができるDVDリッピングソフトで、DVDFabシリーズと同様に高性能なソフトです。DVDからMP4ファイルを簡単に作れることから、DVDFabよりもこちらを使うユーザーが多いほどです。ただし、DVD Ripperシリーズの無料版は「5分以内のリッピング」という大きな機能制限があるため、無料版では実用性がありません。

ただし、ほぼ全てのDVDのコピーガードを簡単に解除できるため、有料版を検討するのも良いかもしれません。

【番外編】WinX DVD Ripper(Windows)・MacX DVD Ripper(Mac)

「DVD Ripperシリーズ」の特徴

  • GPUアクセラレーションに対応しており、高速なエンコードが可能
  • 最新のコピーガードにも瞬時に対応
  • DVDから様々なデバイスに合わせた形式に変換可能(テンプレートあり)

公式サイト:https://www.winxdvd.com/dvd-ripper-platinum/index-jp.htm

動画のDRMを解除できるフリーソフト(動画視聴サイト向け)

ここでは、HuluやNetflix、U-NEXTなどの動画視聴サイトからDRMを解除できるフリーソフトをご紹介したいと思います。

StreamFabシリーズ

StreamFabシリーズ

DVDFab社が販売している「StreamFabシリーズ」は、日本国内で配信されている動画ストリーミングサイトをはじめ、北米やドイツ向けに配信されているストリーミングサイトのDRMを解除してダウンロードすることができるソフトです。各サービスごとのダウンローダーを販売しており、全てをまとめて購入することも可能です。こちらは30日間全ての機能が使える無料期間があるため、1ヶ月間は無料で使用することが出来ます。(30日後に機能制限あり)

「StreamFabシリーズ」の特徴

  • 最大1080P/AAC2.0の音声のMP4ファイルでダウンロードすることが可能
  • 音声と字幕を最初に選択してダウンロードすることができる
  • 外部字幕(SRT)をリミックスすることが可能
  • 複数の動画を一括ダウンロード可能(異なる動画視聴サービスでも可能)
  • メディアサーバーと互換性のあるメタデータを保存可能

公式サイト:https://streamfab.jp/

Video Downloader for Windowsシリーズ(Mac版もあり)

Video Downloader for Windowsシリーズ(Mac版もあり)

Video Downloader シリーズは、Note Burnerが販売している動画ストリーミングサイト専用ダウンローダーで、Amazonプライムビデオ、Netflix、YouTubeに対応したダウンローダーを販売しています。簡単操作で手軽にDRMを解除することができるため、動画視聴サイトが決まっているのであれば、こちらもお勧めです。無料版は期間限定のため、まずは機能を知るために利用してみると良いかもしれません

「Video Downloader シリーズ」の特徴

  • 最大1080PのMP4、MKV形式での保存が可能
  • 複数の言語字幕を同時にダウンロードして、動画に書き込むことが可能
  • バグ修正が頻繁で、ダウンロードできない場合のサポートも万全
  • セール時は2,000円以下で購入可能

公式サイト:https://www.noteburner-video.jp/netflix-video-downloader-for-windows.html

まとめ

今回の記事では、動画のDRMを解除できるフリーソフトをご紹介させていただきました。基本的にDRMを解除できるツールに「完全無料」のものはなく、本格的な利用には「有料ツール」を使うことを検討する必要があります。今回ご紹介したソフト以外にもいくつかありますが、そのほとんどが、DRMを解除できないものとなっています。