ホーム > サクサク動画視聴> 【徹底解説】コメジェネで配信動画にコメント表示させる方法

【徹底解説】コメジェネで配信動画にコメント表示させる方法

2022-04-27 / Ryo

多くの人が一度はコメジェネを利用した動画配信を、観たことがあるでしょう。生配信でコメントを表示させるツールはいくつかありますが、今回はコメジェネを使用したコメント表示の方法をご紹介します。もちろん無料で利用できますので、ご安心ください。

コメジェネの使い方

コメジェネの使い方は情報量が少なく難しそうと思われがちですが、実際に使ってみると設定や操作方法は意外と簡単です。ニコニコ動画以外でも利用できるのがうれしいポイントです。おもしろい動画になること間違いないでしょう。動画配信を行うことがあるかたは、ぜひとも参考にしてください。

コメジェネでコメント表示させる仕組み

実はコメジェネだけでは配信動画にコメントを表示させられません。その他にマルチコメントビューアというソフトも使用します。

配信動画でコメント表示させる仕組みは、配信動画で入力されたコメントが、マルチコメントビューアに取り込まれます。その取り込まれたコメントがコメジェネで任意で設定したコメントに加工(コメントの色や背景色など)したものが、配信動画に表示されるという流れです。

聞きなれない言葉が多く出てくるので、使いこなせるか不安に思っているかもしれません。しかしやり方は簡単なのでご安心ください

事前準備

コメジェネで動画配信にコメント表示をさせるにはいくつかのソフトをインストールする必要があります。準備するソフトは3つです。

  • HTML5コメントジェネレーター
  • マルチコメントビューア(Ryu氏制作のもの)
  • 配信ソフト(OBS Studio(以下、OBS)、Streamlabs OBS、XSplit Broadcasterなど)

まずはそれぞれのダウンロード方法についてご説明します。コメントビューアにはさまざまな種類がありますが、マルチコメントビューアはほとんどの配信動画に対応しているためおすすめです。

HTML5コメントジェネレーターをダウンロードする

HTML5コメントジェネレーターをダウンロードする

ホームページ:https://www.kilinbox.net/p/blog-page_11.html

公式サイトにアクセスし、HTML5コメントジェネレーターをクリックします。一番上の女の子のアイコンが写っているものです。

HTML5コメントジェネレーターをダウンロードする

少し見にくいですが、一番上の最新ファイルである「hcg_0_0_8a.zip」をファイルにダウンロードします。ダウンロード場所はローカルディスク(D:)がおすすめです。その理由はファイルのパスが長くなるとうまくコメジェネが起動しない場合があるためです。Zipフォルダーなので解凍して保存しておきましょう。

マルチコメントビューアをダウンロードする

マルチコメントビューアはRyu氏が制作したソフトを使用します。Kui氏が制作したものもあるため、注意してください。ちなみにマルチコメントビューアとは配信サイトのコメントを取得し、配信画面でコメントを表示させられるツールです。こちらも無料で利用できます。

マルチコメントビューアをダウンロードする

ホームページ:https://ryu-s.github.io/app/multicommentviewer

まず公式サイトにアクセスします。データをダウンロードしフォルダーに保存してください。こちらもダウンロード場所はローカルディスク(D:)が良いでしょう。こちらもZipフォルダーなので解凍して保存しておきましょう。これでマルチコメントビューアのダウンロードは完了です。

注意点

保存したZipファイルは、ブロック解除を行ってください。こちらの制限がかかっているとコメビュが正常に動かなくなる可能性があるので注意が必要です。

ブロック解除方法

Zipファイルを右クリックしプロパティを開きます。全般タブの下部に「このファイルは他のコンピュータから取得したものです~~可能性があります。」という文字があり、その右に許可するというチェックボックスがあるのです。そちらにチェックを入れておいてから、Zipファイルの解凍を行ってください。

配信ソフトの準備

コメントを表示させたい配信ソフトのインストールも済ませておいてください。主な配信ソフトは以下のとおりです。

  • YouTube Live
  • ニコ生
  • ツイキャス
  • LINE LIVE

その他にこちらの配信ソフトにも対応しています。

  • ミラティブ
  • OPENREC
  • ふわっち
  • Periscope
  • SHOWROOM
  • Mildom
  • Twitch

コメジェネの設定方法

以上の事前準備が完了したら、コメジェネを設定していきます。手順通りに設定すればだれでも簡単に設定可能です。コメジェネの基本設定でコメントの詳細設定を行えます。変更できるのはコテハン表示・フォントのサイズ、フォントの種類・文字の色・背景の色・文字の縁、スキンです。詳しい設定方法は後ほどご説明いたします。

コメジェネの起動方法

コメジェネの起動方法

まずさきほどダウンロードした「CommentGenerator0.0.8a」フォルダーを開きます。「CommentGenerator0.0.8a」内にある、「hcg_setting」をダブルクリックし、開きます

コメジェネの起動方法

参照ボタンを押し、「CommentGenerator0.0.8a」フォルダを指定します。「コメジュネの場所」の下に「CommentGenerator0.0.8a」が表示されていれば、正しく設定できています。

コメジェネの起動方法

コメント装飾設定

コメジュネの基本設定よりコメントの文字の色・背景の色、文字のフチ・スキンを設定できます。デフォルトではコメントの色は黒・フチあり、背景は透明になっています。すべての色の設定はHTMLで行ってください。HTMLの参考URLは下記です。

https://www.colordic.org/

またスキンを設定すればコメントの後ろに画像を置けます。

コメント装飾設定

コメントのその他設定

コメントのその他設定

その他にコテハン表示有無や敬称、フォントのサイズ・フォントの種類を設定できます。コテハン表示とは、コメントを入力した視聴者の名前を表示することです。デフォルトの表示ありのままだと、コメントの横にコメント入力者の名前が表示されます。こちらは任意の設定をしておきましょう。

コメジェネの起動方法

その他に詳細設定からコメントが流れる方向と表示時間、文字の最大長を設定できます。こちらもお好みの設定に変更してください。

マルチコメントビューアの設定方法

続いてはマルチコメントビューアの設定をします。

マルチコメントビューアの設定方法

さきほどダウンロードしたマルチコメントビューアを起動します。

マルチコメントビューアの設定方法

起動できたら、上部に表示されている「接続を追加」をクリックします。

マルチコメントビューアの設定方法

ドロップダウンから配信サイトを選択できます。コメント表示を行うサイトを選択してください。次に配信ページのURLを「URL.放送ID等」に入力します。最後に「ブラウザ」からブラウザを選択し、接続ボタンを押して完了です。

マルチコメントビューアの設定方法

次にコメジェネとマルチコメントビューアの接続をします。上部にある「プラグイン」を押すと「コメジェネ連携」が表示されるので、そちらをクリックしてください。

マルチコメントビューアの設定方法

クリックするこのような画面が表示されます。「HTML5コメジュネと連携」にチェックを入れておきます。これでコメジュネとマルチコメントビューアの接続が完了です。

配信ソフトの設定方法

次にコメント表示をする配信ソフトの設定です。ソース追加より、ブラウザをクリックします。ローカルファイルにチェックを入れます。参照ファイルを「CommentGenerator0.0.8a」フォルダ内にある、「CommentGenerator.html」に設定しましょう

幅「520」、高さ「150」と入力してください。一般的には高さは「150」ですが、うまくコメント表示ができない場合があるそうです。その時は、高さを「250に設定してみてください。これで配信ソフト側での設定と、コメジェネとの接続が完了です。続いては、コメント表示が正しくできるかテストしてみましょう。

接続テスト

接続テストは、実際にコメントを表示させたい動画配信を行う前にかならず行ってください。接続方法は簡単ですが、エラーになってしまう人も多いようです。他人の動画配信でも、自分でテスト用の動画配信を用意してもOKです。ただ設定を非公開にしてしまうとコメント表示の確認ができませんので、注意してください。

「MultiCommentViewer.exe」を起動し、テスト用のURLを追加で設定してください。接続ボタンをクリックし、配信を開始します。配信ソフトの画面にコメントが表示されていれば、正常に設定できています。

エラーが発生したら

エラーが発生した場合、こちらを試してみてください。

配信ソフトの再起動

設定を変更したばかりだと、変更が反映されていない場合があります。そのためマルチコメントビューアの再起動を実施してください。

マルチコメントビューアの再起動

こちらも配信ソフトと同じ理由です。

フォルダ配置の確認

さきほど説明しましたが、フォルダの配置は任意の場所でもOKです。しかしパスが長いと動かない場合があるといいます。もしもDドライブにフォルダを保存していないようでしたら、一度試してみてください。

コメジェネのダウンロードファイルの確認

コメジェネの最新版は「hcg_0_0_8a.Zip」です。最新版で動かず古いバージョンを使用した場合に、動くことがあります。正しく設定しているのにエラーが発生してしまう場合は、こちらも試してみましょう。

ファイルのブロック設定解除の確認

Zipファイルをダウンロードした際に、ブロック解除を行わないと正常に動かない場合があります。さきほど注意点で、ブロック解除について説明しています。忘れてしまった方はブロック解除を行ってから、ファイルの解凍を行い再度設定してください

その他にコメジェネとマルチコメントビューアの接続ができていない、コメジェネと配信ソフトの接続が出来ていないなどの原因が考えられます。以上のことを試してもエラーになってしまう場合は、一度この記事の手順をみて漏れなく設定できているかを確認してみてください。

まとめ

今回はコメジュネで動画配信に、コメントを表示させる方法をご説明しました。動画配信にコメントを表示させるには以下のことが必要です。

  • HTML5コメントジェネレーターのダウンロードと基本設定
  • マルチコメントビューアのダウンロードとコメジェネと接続
  • 配信ソフトの準備とコメジェネとの接続

動画配信初心者でも簡単に、ニコニコ動画風のコメントを表示させられます。すべて無料で利用できるのがうれしいポイントでしょう。また一度ソフトをダウンロードし、接続してしまえば次回からその設定はいらないので非常に便利です。動画配信でコメント表示させたいと思っていた方は、ぜひとも一度使ってみてください。