ホーム > 手頃ツールおすすめ > MP4動画を簡単に連結できるおすすめのソフトとオンラインサイトを紹介
DVDFabオールインワン
DVDFabオールインワン
25-In-1 AI搭載のDVD / Blu-ray / 4K UHD / ビデオ編集・変換ソルーション
StreamFab オールインワン
StreamFab オールインワン
1000+のサイトから映画やアニメを無制限にダウンロードできます!
PlayerFab オールインワン
PlayerFab オールインワン
ローカルビデオ、DVD/Blu-ray/UHDディスク、ストリーミング動画を再生できる

MP4動画を簡単に連結できるおすすめのソフトとオンラインサイトを紹介

2021-12-29 / Ryo

簡単に誰でも動画を撮影できる時代になりました。しかしその動画は編集しないと見づらく、他の人と共有したり、SNSや動画共有サイトへのアップロードには向きません。MP4などの動画ファイルは連結することでわかりやすく、面白く干渉に耐えるものになるため、連結などの編集は動画作成にとっては欠かせません。この記事ではMP4動画ファイルの連結が行えるソフトウェアやオンラインサイトを紹介します。

MP4動画ファイルの連結が行えるソフトウェア

VideoProc Converter

動画連結のほか、さまざなな動画編集を編集を高速で行えるソフトウェアです。いくつかの動画を劣化することなしに1つに繋いだり、1つの動画を範囲指定して分割したりする機能があります。さらには動画に字幕を入れたり、特殊なエフェクトを入れたり、ウォーターマークを入れたりする機能も搭載されています。繋いだMP4ファイルを出力するときは高品質エンジンを利用することで画質を最高品質のレベルのまま維持し、処理にかかる時間も短時間で終わらせることができます。

対応する動画ファイル形式はMP4、AVI、WMV、FLV、3GP、MOVなど多数です。WindowsとMacの両方に対応しています。

VideoProc ConverterでMP4形式の動画ファイルを連結する方法を説明します。

VideoProc Converterを起動し、ホーム画面から『ビデオ』を選択します。動画変換画面に進んだら、画面上部の+ビデオを選択し、動画を追加しましょう。「ctrl」キーを押しながら動画ファイルをクリックすることで複数の動画を追加することができます。

連結する動画ファイルを追加し終わったら、結合の左脇のチェックボックスにチェックを入れましょう。高品質エンジンのチェックボックスにチェックを入れると高画質での出力が可能です。出力でビデオを選択し、結合した動画のファイル形式を選びます。すべての設定が終了したらRUNボタンを押し、作業を開始して下さい。

VideoProc Converter

Shotcut

4K動画の編集や動画内の不必要な部分を切り捨てたり、必要な部分のみを切り出したりが可能な高機能なソフトウェアです。動画の連結の他にも動画編集に必要な機能がひと通りそろっています。また、画像の色温度やホワイトバランスの調整、ぼかしやセピア調、ホコリや傷、映写機風のレトロ調などのフィルターや、クロマキー(切り抜き合成)やフェードイン、フェードアウトなどのエフェクト機能も利用できます。

対応する動画ファイル形式はMP4はもちろんAVI、4Kなど、160種類以上です。WindowsとMacの両方に対応しています。

ShotcutでMP4形式の動画ファイルを連結する方法を説明します。

Shotcutを起動し、ファイルを開くから結合するファイルを選択、ドラッグ&ドロップしましょう。メニューからタイムラインをクリックし、加えた動画ファイルをタイムラインパネル内にドラッグ&ドロップで下記のスペースにドロップし、次の動画ファイルは先に入れた動画ファイルの後ろにドラッグ&ドロップするのを繰り返します。

Shotcut

つないだ動画に隙間ができた場合はマグネットを押し、隙間をなくすようにスライドさせて下さい。メニューから書き出しを選択し、「出力」から形式を選択より、ファイルを書き出す、を選んで保存先を決めたらMP4動画の結合が始まります。

VideoPad

簡単に動画を作ることができる動画編集用ソフトウェアです。いくつかのMP4動画ファイルをスピーディに結合し、1つの動画ファイルに保存することができます。動画連結のほか、動画のファイルサイズの縮小、字幕の合成、トリミングなどさまざまな動画編集も可能で、50種類以上の特殊加工機能や切り替え機能も搭載しています。簡単な操作ながらまるでプロの手によるような動画作品を作成することができます。

対応する動画ファイル形式はMP4、AVI、VOB、OGM、WMV、FLV、APNG、MPEG、MOVなどほぼすべてす。WindowsとMacの両方に対応しています。

VideoPadでMP4形式の動画ファイルを連結する方法を説明します。

VideoPadを起動し、連結する動画ファイルを、メディアを追加から入れていきます。クリップのシーケンスに動画を連結する順にドラッグ&ドロップしてください。

VideoPad

いくつかの動画を追加し、左の枠に移します

VideoPad

最後に、「動画をエクスポート」を押すとMP4動画の連結が始まります。

AviUtl

機能が豊富な無料の動画編集用ソフトで、MP4動画ファイルから必要な部分だけをつなげて1本の動画を作り、動画のいらない部分を取り出し、削除することが可能です。さらに動画の連結のほか、動画の縮小、字幕合成、トリミング、音ズレ補正などの細かい動画編集も可能です。高機能なため初心者には少しハードルが高いかもしれませんが、うまく使えれば有料のソフトを使用したかのような動画編集が可能です。ただし、Windowsのみの対応になります。

AviでMP4形式の動画ファイルを連結する方法を説明します。

Aviを起動し、結合したいMP4動画ファイルを「ファイル」から、追加読み込みを選択し追加します。

AviUtl

「ファイル」から、エクスポートを選び、次にMP4 Exportを選択し、ファイル名を入力して保存するとMP4動画の連結が始まります。

オンラインでMP4動画ファイル連結をする方法

オンラインの動画連結サービスはソフトウェアのダウンロードやインストールを行う必要がないため、思い立ったらすぐに作業できるというメリットがあります。また、パソコンに容量が足りなくても問題ありませんし、パソコンがハイスペックである必要もありません。操作も簡単で、動画編集の知識がなくても動画連結を行うことができる点でもおすすめです。

ここからはおすすめのオンラインMP4動画連結サービスを紹介します。

ACONVERT.COM

音楽ファイルや画像ファイルの結合や分割、変換ができる動画連結可能な高機能のサイトで、PDFやドキュメントなど、さまざまなファイルの変換も可能です。

ACONVERT.COMでMP4動画ファイル連結をする方法を説明します。

https://www.aconvert.com/jp/video/merge/にアクセスします。

『ビデオオンライン合併』の下、『ファイルを選択』をクリックし、MP4動画ファイルを選択して追加します。選択したら、『サブミット』をクリックしましょう。動画ファイルは追加された順番に結合されます。結果の一番下、ダウンロードリンクをクリックし、つながった動画をダウンロードし、保存しましょう。

ACONVERT.COM

MP4Tools

いくつかに分けられた動画ファイルをオンライで結合することができるサイトです。MP4のほか、M4V、TS、AVI、MOVのファイル形式の動画を1つにつなげられるほか、音声の取り出し、映像と音声のジョイント、ファイルの詳細情報の閲覧なども可能です。

MP4ToolsでMP4動画ファイル連結をする方法を説明します。

http://www.mp4tools.com/ja/joinhttp://www.mp4tools.com/ja/joinにアクセスします。

MP4Tools

『ここにファイルをドロップ』と書いてある点線の枠内に結合したいMP4動画ファイルをドラッグ&ドロップすると動画が追加できます。または『orファイルを選択』のクリックでも動画の追加は可能です。これを繰り返すといくつかの動画を追加することができます

結合したい動画ファイルをすべて追加したら、『結合する』を選択し、オンラインでの動画連結を開始させます。

BeeCut

非常に簡単にMP4動画ファイルの連結ができるオンラインサイトです。もともとBeeCutは動画編集用ソフトウェアなのですが、公式サイトでオンライン動画編集機能も作っていて、動画の結合やトリミング、動画のGIF変換、動画からの音声取り出し、動画の回転や分割、クロップや、動画の録画などさまざまな機能をそろえています。操作方法も直感的で、動画編集の初心者でも簡単にMP4動画を連結することができます

BeeCutでMP4動画ファイル連結をする方法を説明します。

https://beecut.com/jp/merge-video-onlineにアクセスします。

BeeCut

『クリックまたはドラッグして動画をアップロード』と書いてある『+』をクリックすると連結したい動画ファイルの選択と追加が行えます。または、ドラッグ&ドロップでも動画ファイルは追加できます。ただし、100MB以上の動画を追加すると以下のような表示が現れます。

BeeCut

連結したい動画ファイルがすべて追加できたら、『結合』をクリックするとオンラインでの動画結合が始まり、出力可能になります。

Apowersoftオンライン動画結合フリーソフト

ロゴを入れずにいくつかの動画を連結できる完全無料の動画結合サイトです。最大5つまでの動画を追加可能で、動画の連結が完了するまでの時間は数分だけです。機能制限や広告の表示、透かしなどもないので非常に実用性のあるオンラインサイトになります。

インターフェースと使い方が BeeCutに非常に近いのですが、動画の透かしが入らないのはApowersoftオンライン動画結合フリーソフト独自の機能になります。

Apowersoftオンライン動画結合フリーソフトでMP4動画ファイル連結をする方法を説明します。

https://www.apowersoft.jp/merge-video-onlineにアクセスします。

Apowersoftオンライン動画結合フリーソフト

『クリックまたはドラッグして動画を追加』の『+』をクリックすると連結したい動画ファイルの選択とアップロードが行えます。または、ドラッグ&ドロップでも動画ファイルはアップロードできます。連結したいMP4動画ファイルをすべて追加できたら『結合』をクリックするとオンラインで動画連結が始まります。

Adobe Spark

動画と画像をつなぎ、スライドショーやフォトコラージュ、ビデオをたった数分で制作できるオンラインサイトです。

Adobe SparkでMP4動画ファイル連結をする方法を説明します。

https://www.adobe.com/jp/express/feature/video/mergeにアクセスします。

Adobe Spark

青い『ビデオを結合する』をクリックします。

Adobe Spark

連結したいMP4動画ファイルを点線の枠内にドラッグ&ドロップする、もしくは『デバイス内を参照』をクリックし、デバイスの内のファイルフォルダから動画ファイルを選択し、動画ファイルをアップロードしてください。

Adobe Spark

『または、次のサンプルビデオを選択してください。』をクリックすると、次のような画面に移ります。

Adobe Spark

サンプル動画が追加されます。左下の小画面の右脇の『+』をクリックすると次に連結する動画ファイルを選択し、追加できます。左下の小画面のさらに下、ハサミのアイコンをクリックすると追加した動画ファイルをトリミングできます。ゴミ箱のアイコンでファイルの追加を削除できます。

Adobe Spark

連結したい動画ファイルの追加が全て終わったら、最後に『ダウンロード』をクリックすると作業が始まります。なお、動画の連結にはログインが必要です。

まとめ

MP4動画ファイルの連結が行えるソフトウェアやオンラインサイトを紹介しました。どれも気軽に使えるツールばかりなので、ぜひ活用し、動画連結を行って素敵な作品を作ってください。