ホーム > サクサク動画視聴> dTVのダウンロード方法について解説・おすすめツールも紹介

dTVのダウンロード方法について解説・おすすめツールも紹介

2021-12-06 / Ryo

dTVのダウンロード機能を使って保存する方法

dTVのダウンロード機能を使って保存する方法

dTVにはダウンロード機能が搭載されているので、こちらで作品を保存することが可能です。iphone・Androidいずれも対応していて、Androidの場合、パソコンでダウンロードしてそこからスマホに移行することも可能です。

スマホにダウンロードする

もしお手持ちのスマホにダウンロードするのであれば、iPhoneもAndroidも基本的な手順は一緒です。アプリを起動させ、録画したい作品を選択してそのページにアクセスしましょう。再生画面の下に「DL」というボタンがあるはずなので、こちらをタップします。すると画質に関する選択肢が現れます。

HD・すごくきれい・きれいの3種類の選択肢の中から一つ選びます。「HD」と「すごくきれい」は確かに高画質で保存することが可能です。しかし一方でデータ容量は大きくなります。どの程度の空き容量が残されているか、通信環境などに注意して選択しましょう。

するとあとは自動的にダウンロード作業が開始されます。完了するまであとは待機するだけです。もし途中でキャンセルしたければ、「DL」ボタンを再度タップすれば停止します。このように簡単なステップでできるので、気に入った作品があれば、保存するといいでしょう。

パソコンでスマホにダウンロードする

Android端末であれば、パソコンでスマホにダウンロードする方法も可能です。この場合、まずアプリを開きます。「メニュー」→「設定」の順番でタップしましょう。「設定」画面にアクセスするといろいろなメニューが出てきます。その中に「プッシュ通知設定」という項目があるはずです。こちらにチェックを入れて、プッシュ通知を許可します。

再度「メニュー」に戻って、今度は「アカウント」→「デバイス管理」の順番でタップします。すると「PCからのダウンロードを許可する」問う項目があるので、こちらにチェックを入れて許可に変更しておきましょう。

今度はパソコンでdTVのホームページにアクセスして、保存したい作品のページに移動しましょう。すると再生画面の下にスマホのときと同じく「DL」ボタンが表示されるはずです。こちらをクリックすると、ダウンロード先のデバイスを選択するメッセージが現れます。この中の「Android」を選択しましょう。そして画質や言語などの設定を済ませたら、「ダウンロードを開始する」ボタンをクリックしてください。あとはダウンロードが完了するのを待ちましょう。

設定が完了すると、お手持ちのスマホにプッシュ通知が届くはずです。これがダウンロード開始の合図です。この時にアプリを開くと「ダウンロードリスト」に対象の作品がリストアップされます。

dTVのダウンロード機能の問題点

ここまで紹介してきたようにdTVにはダウンロード機能が付いています。しかしいくつか注意点や制約がありますので、まずは解説していきます。

保存されるのはアプリ

dTVのダウンロード機能を使って保存されるのは、あくまでもアプリの内部です。お手持ちのスマホ端末に保存されるわけではありません。また動画を保存できるのは基本的にスマホとタブレット端末のみです。パソコンで視聴はできないので、その点には注意が必要です。

ダウンロードできないコンテンツもある

dTVの作品すべてをダウンロードできるわけではない点も注意が必要です。ダウンロードボタンの表示されない作品がそうです。おそらく権利関係の問題があるからでしょう。好きな作品は実はダウンロードの対象外だったということもあり得ます。

視聴期限がある

ダウンロードしたら、原則退会するまではいつでも再生して視聴することが可能です。しかしdTVの方で配信終了した作品は、その期限を過ぎると視聴できなくなります。配信期限は作品の中とレンタル作品を購入するときに表示されるので、ダウンロードする前に確認しておきましょう。

dTVをダウンロードできるおすすめツールを紹介

dTVにはもともとダウンロード機能があるにはあります。しかし上で紹介したように、ダウンロードできない作品があったり、配信終了すると見られなかったりといろいろな制約が伴います。このような制約なしで手軽にオフラインにて作品を視聴する方法がいくつかあります。そこでここではおすすめのツールをいくつかピックアップしてみました。dTVでお気に入りの作品が見つかったときの参考にしてください。

StreamFab dTV ダウンローダー

ダウンロードページ:https://ja.dvdfab.cn/dtv-downloader.htm?trackid=headmenu2

StreamFabでは動画をダウンロードできるソフトをいろいろと提供しています。dTVの動画に対応しているのが、このStreamFab dTV ダウンローダーです。こちらを利用すれば、dTVの動画をパソコンにダウンロード・保存することも可能です。しかも720p・HDで動画を視聴できます。高画質で視聴できるので、オンラインと比較して解像度がダウンする心配もありません。またAAC 2.0オーディオトラックでもダウンロードできるので、使い勝手はいいです。

StreamFab dTV ダウンローダーではダウンロードしたdTVをMP4形式で保存できるのも大きなポイントです。MP4は動画の中で広く普及しているフォーマットです。ですからどのようなデバイスでも再生できます。せっかくダウンロードしたのに再生できないといったトラブルも起こりにくいです。

StreamFab dTV ダウンローダーの場合、字幕版と吹き替え版を選択してダウンロードできるところもおすすめポイントです。海外の作品の場合、StreamFab dTV ダウンローダーを利用すれば、字幕も保存してくれるのもおすすめポイントです。吹き替え版もそのまま保存されるので、日本語でセリフなども把握できます。このようにお好みのバージョンで動画をダウンロードできるところも、StreamFab dTV ダウンローダーのメリットの一つといえます。

StreamFab dTV ダウンローダーをダウンロードしたら、メイン画面を開きましょう。左側にメニューが表示されるはずなので「ストリーミングサービス」というところをクリックします。するといろいろな動画配信サービスが右側に表示されるはずなので、その中の「dTV」をクリックしましょう。次にdTVのサイトにログインします。マイページにアクセスできたら、ダウンロードしたい動画のページに移動します。

StreamFab dTV ダウンローダー

対象の動画を再生するとダウンロードのダイアログが出現します。その中に「今ダウンロード」というボタンがあるはずです。こちらをクリックすれば、自動的に録画・保存が開始されます。速度もスピーディなので、ちょっとした時間を使って動画をダウンロードできるはずです。

StreamFab dTV ダウンローダー

StreamFab dTV ダウンローダー

DVD Fab Blu-ray作成ソフトという関連商品もラインナップされています。こちらもインストールしておくと、保存したdTVの動画をブルーレイディスクに焼くことも可能です。

VideoSolo スクリーン録画

ダウンロードページ:https://www.videosolo.com/ja/screen-recorder/

VideoSolo スクリーン録画

VideoSolo スクリーン録画は出力形式が実に300種類以上あるのがおすすめポイントです。ですから特定のデバイスに対応したフォーマットに指定してダウンロードすることも可能です。フルスクリーン以外にも任意の範囲だけを録画することも可能です。ウォーターマーク追加などの編集機能もついているので、オリジナルの動画に加工することも可能です。こちらのソフト、無料ではありません。しかし30日間は無料で利用できますので、まずはお試し感覚で利用するといいでしょう。

VideoSolo スクリーン録画をインストールしたら、ソフトを起動させます。メイン画面の左端に「動画レコーダー」というメニューがあるはずです。こちらをクリックしましょう。すると録画範囲の指定などの設定画面に移動します。もしそのまま録画したいと思うのであれば、「自定義」アイコンをクリックするだけでOKです。

右上のところに歯車のアイコンが表示されていませんか?これは「環境設定」のアイコンです。録画中にツールバーを表示するか、動画の品質、出力形式などの設定が可能です。何か変更する項目があれば、変更しておきましょう。全ての設定が完了したら、「REC」ボタンをクリックします。カウントダウンの後で、dTVの録画が開始されます。必要に応じて、ツールバーにてスナップショットなども行えます。

録画が完了したら、「終了」ボタンをクリックしましょう。すると録画された動画のプレビューが表示されます。ここできちんと保存できているかどうかのチェックができるわけです。問題なければ、「ビデオ保存」というボタンをクリックします。dTVのほかにも主要な動画配信サイトに対応しています。「ゲームレコーダー」モードもありますので、ゲーム実況を録画するときにも活用できるのでユーティリティに優れたソフトといえます。

まとめ

dTVにはダウンロード機能が付いているので、アプリに保存してオフラインで視聴できるように放っています。しかし中には最初からダウンロードができないようになっている作品があったり、配信終了すると見られなくなったりといろいろとネックになるポイントもあります。

またパソコンに取り込むことも基本出来ません。上で紹介した2種類のソフトを利用すれば、パソコンに取り込むことができ、配信終了しても引き続き視聴が可能になるので導入を検討してみませんか?