ホーム > 役立つ知識と情報 > Amazonや楽天をクレジットカードで支払いできない時 Google Chromeのポップアップブロックを解除する方法
DVDFabオールインワン
DVDFabオールインワン
25-In-1 AI搭載のDVD / Blu-ray / 4K UHD / ビデオ編集・変換ソルーション
StreamFab オールインワン
StreamFab オールインワン
1000+のサイトから映画やアニメを無制限にダウンロードできます!
PlayerFab オールインワン
PlayerFab オールインワン
ローカルビデオ、DVD/Blu-ray/UHDディスク、ストリーミング動画を再生できる

Amazonや楽天をクレジットカードで支払いできない時 Google Chromeのポップアップブロックを解除する方法

2022-07-01 / Ryo

ネットショッピングがクレジットカードでできるようになりました。アマゾンや楽天は何も問題ありません。しかし、家電量販店の直販店で高額な家電を購入する場合、パスワードが必要になる場合があります。

Chromeで決済しようとすると、表示されるポップアップウィンドウがブロックされることがあります。その場合、決済ができないことがあります。どうすれば解決できるのでしょうか?この記事では、Chromeのポップアップウィンドウを削除する方法について説明します。

1. 認証用のポップアップウィンドウをブロックしてしまい、決済ができない?

Amazonや楽天などのオンラインショッピングサイトは、クレジットカードを利用することで簡単に決済することができます。これらのサイトでは、通常クレジットカードでの決済が可能ですが、本人認証サービスのためにパスワードの入力を求められる場合があります。

これは、家電量販店が高価なパソコンやカメラを直販する場合です。入力するパスワードは、クレジットカードに記載されている4桁のセキュリティコード(CVC)やPIN(4桁の番号)とは異なります。ポップアップ画面に表示されます。

Chrome では、ポップアップ画面が表示された場合、決済ができません。認証しないと不正と判断され、決済が停止されます。安全ではあるのですが、問題が発生することがあります。私も何度かこのようなことがありました。購入画面が停止してしまったこともありました。画面がロックされていたので、お店のEC担当者に連絡を取り、ロックを解除してもらうよう依頼しました。すると、「Internet Explorer」で購入できるようになった。.......

今回は、このようなトラブルを防ぐために、「Chrome」のポップアップブロックの解除方法を実演してみたいと思います。


(画像:eposcard.co.jp)


カードの裏面にあるセキュリティコード(CVC)はこれです。このコードは一部のサイトで許可されていますが、私はセキュリティコードのことを指しているわけではありません。


(画像:rakuten-bank.co.jp)


Visaカードには、インターネット上での不正なアクセスから守るための「Visa認証サービス」が付いています。ただし、Chromeのポップアップウィンドウはデフォルトでブロックされています(写真提供:楽天銀行株式会社)。

2. 「Chrome」の設定を使ってポップアップウィンドウを表示させる方法

それでは、「Chrome」内でポップアップウィンドウを有効にする方法を紹介します。

まず、いつも通りパソコンで「Chrome」を開き、画面右上の「︙」ボタンをクリックして「設定」を選択します。設定画面」に移動し、「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

続いて「サイト設定」を選択します。次に、「ポップアップとリダイレクト」が「ブロック」と表示されます。その後、「許可」をオンにします。

これで認証のためのポップアップウィンドウが表示され、支払いにクレジットカードを使用できるようになります。

迷惑な広告がある場合は、「許可」をオンにしたままにしないほうがよいでしょう。クレジットカード決済をするときだけこのウィンドウをオンにし、決済が終わったらオフにするのがベストです。

アドレスバーのポップアップブロック機能を切り替えることで、必要に応じて表示させることができます。ブロックマークをクリックするか、「設定」から以前にブロックしたサイトを「許可」してください。


パソコンで「Chrome」を起動したら、画面右上の「︙」ボタンをクリックし、「設定」を選択します。


「設定」画面で「プライバシーとセキュリティ」を選択し、「サイト設定」をクリックします。


「サイト設定」の一番下までスクロールすると、「ポップアップとリダイレクト」「ブロック」があります。ここをクリックしましょう。


「許可」の右にあるボタンをクリックし、オンにします。これでポップアップのウィンドウが表示されます。

ブロックされているサイトを個別に許可したい場合は、先ほどの画面で「ブロック」されているサイトを選択し、「ポップアップとリダイレクト」タブで「許可」を選択してください。

これはGoogle Chromeのヘルプです。これで、"Chromeでのポップアップのブロックと許可 "を公開しました。

関連読書:

NHK受信料不要のテレビドンキの解像度が上回る

【DMMエラー】DMM視聴に生じえるエラーは?その原因と対処方法をまとめ!

AirServer(エアサーバー)を使ってiOSのAirPlayをWindows PCに表示する方法

    コメント
    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
    送信