ホーム > 手頃ツールおすすめ> abbyy finereaderの使い方を分かりやすく解説します

abbyy finereaderの使い方を分かりやすく解説します

2021-12-06 / Ryo

abbyy finereaderというソフトを知っていますか。米国米国ABBY社によって開発された、OCR(Optical Character Reader)システムツールです。OCRシステムを使い紙データの画像やテキストを部分認識し、テキストデータに変換するものになります。一般的には使われることが少ないabbyy finereaderを、今回はできるだけ専門用語を抜いて解説していきましょう。

abbyy finereaderとは

abbyy finereaderはスキャンした書類などをPDFや画像ファイルから文字を読み取ります。さらに文字検索に対応した PDF、Word、Excel、テキストに変換することができます。言語も一般的な変換ソフトよりも多く、198の言語に対応可能です。

翻訳を仕事にしている人や外国での仕事が多い人は、abbyy finereaderを使って複数の言語を読み取る作業を行うこともあります。またabbyy finereaderにはPDFファイルを閲覧、編集、変換ができる機能が備わっております。

パワーアップしたファイル変換ではWord、ExcelなどのファイルもPDFに変換できるようになりました。さらに世界的に使われている言語、英語・ロシア語・韓国語・中国語など約40の言語に対応した文章比較機能が加わりました。外国語を使っての仕事や作業がしやすくなっています。

abbyy finereaderはグレーなソフト?

ネットを検索しても基本的な使い方やレビューが書かれていません。それもそうです、このソフト自体一般に販売されているものではないのです。限られた目的でしか使われないのと、操作が難しいこともあり普通に売られることもありません。

そしてこのソフトは性能がよい分、犯罪など悪いことも使われることも多いソフトです。よくあるのが紙の書類をスキャンして偽造したり、画像ファイルから文字を読み取り変換して、対象の相手を騙すというものなどさまざまあります。

基本的にabbyy finereaderを使う企業や職業、業種はセキュリティレベルの高いデータの管理がある調査業や、クリエイティブ系が使うことが多いでしょう。

abbyy finereaderはどんな人が使っている?

abbyy finereaderはどんな人が使っている?

このファイルが市販されず、限定的に販売しているのですが、一般以外ではどんな人がabbyy finereaderを利用しているのか解説します。

探偵などの調査業

最も多いのは探偵や警察などデータ解析やサイバー犯罪などを調べる人たちです。警察にもお忍びでおろしているソフトとなっています。一般に販売するとabbyy finereaderの仕組みがバレてしまい、悪いことに使う人が増えてしまいます。市場に出回ることがほぼありません。

abbyy finereaderを使えば被害を受けた方が加害者の証拠を集めて、罪に問えたり訴えられます。貴重なデータを改ざんしたり、偽りの証拠を作ることもたやすいので、少し怖いソフトだなと感じるでしょう。

クリエイティブ系

ライターや作家が自分の書いた作品を守るために、abbyy finereaderを使いデータをPDFに移しロックをかけて保管することが多くあります。この記事もですが、誰かが書いた文章は書いた人に著作権があります。盗作や盗用、勝手な流用は著作権侵害で罰せられるでしょう。

PDFに文章を入れてロックをかけておけば、よほどのことがない限りコピーされることはないので、安心してお仕事ができます。

なかには本当に悪い遊びに使う人もいるらしい

何かしらの方法でabbyy finereaderを入手し、だれかの書類や出版された作品、ネットに出ている記事内容を改ざんする人もいます。また書き換えてあたかも自分が執筆したかのように記事を出して、稼ぐという悪いことをしている人もネットに一定数いるのです。

このような行為は著作権侵害やその他の法律に抵触する行為です。人が困っている姿を見て楽しいのは自分だけで、かならず罪に問われるときがくるので悪用しないようにしましょう。

abbyy finereaderのダウンロード・インストール方法

大抵のソフトはダウンロードやインストール方法はソフトの公式サイトに、ソフトの購入から出ています。abbyy finereaderに関しては下記のページのように、普通に買えなくなっているのです。

abbyy finereaderのダウンロード・インストール方法

「カートに入れる」をクリックしようとしても、リンクページがないので購入ができません。購入するためには見積もりを取ったり、問い合わせをして買うしか方法がありません。

abbyy finereaderのような特殊なソフトは限られた人や団体、組織にしか販売しません。個人的に買いたい場合はやはり販売元に問い合わせる必要があります。

abbyy finereaderにある「OCRソフト」は何?

abbyy finereaderにある「OCRソフト」は何?

そもそも一般の人ではの意味が分からないでしょう。そこでできるだけ難しい言葉を避けてOCRソフトについて解説していきます。簡単に言えば、画像データのなかにある文字と認識できる部分を割り出し、テキストデータへ変換するソフトのことです。

通常のPDFやデジカメ・スマホなどで撮影した画像や写真から文字と一緒に、画像や表まですべて読み取り文字検索に対応したWordやExcel、PDFへ変換していきます。画像データのなかにある文字と認識できる部分を解析し、テキストデータ(コンピューター上の文字)へ変換するソフトウェアを OCRソフトと呼びます。

OCRソフトの ABBYY FineReader PDF では、PDFやデジカメ・スマートフォンなどで撮影した画像(写真)ファイルから、文字と一緒に画像や表も読み取ります。そこから文字検索に対応した PDF、Word、Excel など、さまざまなファイルへ変換可能です。

これだけでは「OCRソフトって具体的にどんなことができるのか」と疑問に感じるでしょう。abbyy finereaderを使ううえで、OCRソフトはセットで覚えておきたいソフトです。OCRソフトの機能面について、次の項目からお話します。

編集機能の強化

PDF文章の編集ができテキストの完璧な段落の書き換え、表のセル内のデータ編集、画像やテキストのブロックのようなこともできます。さらにWordやExcelのドキュメントファイルをPDFに変換も可能です。

これだけでも大事な書類を勝手に編集され、テキストをそれ以上編集されないようにロックをかけられてしまえばよくありません。完全にまったく違う新規の書類としても、扱えてしまうのです。もちろん本来はデータの改ざんなどをされないように使う機能です。前者のような利用はしないでください。

編集機能の強化

ひとつのファイルに統合可能

WordやExcelの編集可能なソフトをPDFファイルに変換が可能です。ファイル形式が異なる複数のファイルを、ひとつのファイルに統合もできますので、データ量や保存するものが多い人におすすめの機能といえるでしょう。

ひとつのファイルに統合可能

編集もこのページから行えるため、使い慣れていない人でも使いたいツールを選んで編集すれば誰でも簡単に操作ができます。

abbyy finereader のファイル形式

abbyy finereaderの中には膨大な数のファイル形式が入っていますから、これを見ただけでもabbyy finereaderの力の大きさにびっくりするでしょう。

PDF および画像ファイル

PDF および画像ファイル

それぞれのファイルで使える色が異なります。使う予定のファイルがフルカラーなのかモノクロなのか確認しておきましょう。

編集可能なドキュメントファイル

編集可能なドキュメントファイル

abbyy finereaderはOCR処理をしたファイルを、検索可能なファイルに変換して保存できます。

abbyy finereaderのドキュメント保存形式

abbyy finereaderのドキュメント保存形式

各ファイルの保存形式を一覧にしたものです。

abbyy finereader の画像出力形式

abbyy finereader の画像出力形式

画像の出力も各ファイルによって形式が異なります。

abbyy finereader の対応バーコード形式

abbyy finereader の対応バーコード形式

バーコードというのは一般的に使われている身近なものは、QRコードではないでしょうか。abbyy finereaderに対応していないバーコードもあるため、チェックしておく必要があります。

購入前に試験版でお試しができる

もしabbyy finereaderを買う前にどんなソフトか試しに使い人には「試験版」があります。ここからダウンロードインストールをすることで、「試験版」を触れるのです。「試験版」を使ううえでも注意点がいくつかあり、「試験版」は7日間しか使えません

そして「試験版」を使う場合はデータの破損、流出等があっても公式サイトでは責任は負いかねるようです。自己責任で「試験版」を使ってみてください。

購入前に試験版でお試しができる

「試験版」を使う場合のダウンロードとインストール方法ですが、やり方はいたって簡単です。ダウンロードページの「DOWNLOAD」ボタンをクリック→デスクトップにファイルが保存される、保存されたファイルをダブルクリックし起動→インストーラーの案内に従ってインストールの順番で準備してください。

インストールができたら「試験版」を7日間使えます。ただし「試験版」は自分のパソコンの環境によっては、試用できないこともあります。「試験版」が使えるのは1台のパソコンにつき1台までです。アカウントを変えてインストールをしようとしてもできませんのでご注意ください。

まとめ

まとめ

「abbyy finereader」は非常に優秀なソフトですが、限られた業種や職業をメインに販売します。どんなに使い方を知っていても、一般で使うことはほぼないでしょう。どうしても使ってみたいのなら「試験版」をインストールして、触ってみてください。「abbyy finereader」はかなりパソコンやデジタルツールに詳しくないと、使いこなすことが難しいでしょう。まずは「試験版」からチャレンジしてみましょう。