ホーム > 役立つ知識と情報 > NHK受信料不要のテレビドンキの解像度が上回る
DVDFabオールインワン
DVDFabオールインワン
25-In-1 AI搭載のDVD / Blu-ray / 4K UHD / ビデオ編集・変換ソルーション
StreamFab オールインワン
StreamFab オールインワン
1000+のサイトから映画やアニメを無制限にダウンロードできます!
PlayerFab オールインワン
PlayerFab オールインワン
ローカルビデオ、DVD/Blu-ray/UHDディスク、ストリーミング動画を再生できる

NHK受信料不要のテレビドンキの解像度が上回る

2022-07-01 / Ryo

最近、NHKの受信料問題がニュースになっていた。テレビを持っていても受信料を払っていない世帯に課徴金を徴収するNHKの法改正に、最近多くのユーザーが不満を抱いている。ドンキはこの流れを受けて、2021年にAndroidTV機能を搭載した「チューナーレスでスマートなテレビ」、2022年に「4K対応でチューナーレスのスマートテレビ」STAYERを発表し、再び話題になっています。

ドンキの製品は解像度が2倍!加入料不要の4K対応スマートテレビ「STAYER

今後注目されるのはチューナーレステレビ(画像はSTAYERの公式サイトより直接引用)。

2021年12月にドンキから発売されたAndroidTV機能搭載の24型と42型の「チューナーレススマートテレビ」は記憶に新しいところです。STAYER(スマートフォン/オーディオ周辺機器のブランド)が2022年2月に発表した43V型の「4K対応チューナーレススマートテレビ」はさらに大きな注目を集めた。

この2製品の比較は、画面の解像度で行います。STAYERより先に発売されたドンキのスマートテレビの解像度は1,920×1,080画素。STAYERのテレビの解像度は3,840×2,160画素です。これは4倍の解像度です。動画配信サイトで映画を見る際にも、4K解像度モデルならより鮮明な映像で楽しむことができます。動画配信サービスを利用する人たちから大きな注目を集めそうなモデルです。

トレンドのチューナーレス化とは?

これは、テレビとの付き合い方の変化と関係があるかもしれません。

テレビとの付き合い方が大きく変わる過渡期にあるのかもしれない。

2月4日に発表されたSTAYERのプレスリリースでは、冒頭の文章で製品の主な特徴を述べています。"テレビにチューナーや受信機器を内蔵していないため、毎月の地上波テレビ受信料を支払う必要がありません。

これは、NHKを見ない人、受信契約を望まない人が多いことを物語っており、メーカーとしては需要があることを期待しているのだろう。興味深いのは、「特性」の代わりに「機能」が使われている点である。

総務省は「情報通信白書」で、テレビの視聴時間に関する情報を公表している。このデータによると、平日のテレビ平均視聴時間は2000年以降、右肩下がりになっている。近年は150〜160分と低い水準にある。この傾向は、10代や20代の若者がテレビを見る割合も減少しています。

一昔前までは、同じテレビ番組を見て、その番組について一日中議論するのが普通だった。家庭でのチャンネル権争いに敗れた子どもたちは、その中に含まれていなかったのです。現在、映像は多くのプラットフォームで提供され、簡単に視聴したり、ストリーミングしたりすることができます。

人々はもはや、家に住みながら同時にテレビを見る必要はない。スマートフォンがあれば、いつでもどこでも映像を見ることができるようになったのです。また、見ない番組に受信料を払うことに抵抗がある人も増えています。

関連読書:

【DMMエラー】DMM視聴に生じえるエラーは?その原因と対処方法をまとめ!

AirServer(エアサーバー)を使ってiOSのAirPlayをWindows PCに表示する方法

無料で映画が見れるサイトは違法?安全に映画を視聴するには

    コメント
    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
    送信